「マシュマロ断熱」に関するお問合せは 052-229-0600

記事

リフォーム 2016.9.28

2025年まで続くと予想されるリフォーム需要の増大

gf1940270499l

 ストック型社会の形成に向けた社会の流れの中で、リフォームの存在は年々、重要度を増しています。今後のリフォーム需要について矢野経済研究所は2020年の市場規模の増加を次のように予測しています。

 2020年の市場規模は、住宅リフォーム市場の主要分野である「設備修繕・維持関連」分野が住宅ストック数の増加に伴って拡大し、市場全体が成長すると考えられることから、7.3兆円(2015年比約12%増)と予測。

 

新建ハウジングDIGTAL 2016年7月12日
http://www.s-housing.jp/archives/91135

 また、リフォーム案件の需要の高まりは2020年以降もしばらく続くと見立てています。

 さらに、2025年は2015年比約14%増の7.4兆円、2030年は同約12%増の7.3兆円と予測する。「長期的には世帯数の減少が影響し、縮小基調に向かうと予測するが、政府の政策的な後押しによるリフォーム件数増加や、リフォーム事業者による提案強化による単価アップについても加味したうえで算出」したと説明している。

同上

 リフォーム需要がしばらく増加を続けるのであれば、リフォーム提案の武器をたくさん備える住宅提供者に追い風が吹くでしょう。
 リフォームで住まいを美しくするのは当然のことです。その先の顧客満足を得るためには、住宅スペックの向上が重要となるでしょう。断熱性能は住宅スペックを考える中で極めて重要な要素です。

 「マシュマロ断熱の家」では通常版に加え、防蟻タイプや寒冷地に向く高性能タイプがあり、地域性やニーズに合わせた選択が可能です。気密・断熱性能だけではなく、吸音性にも優れ、住まいの環境をリフォームで一新することができます。また、施工技術者に対してマイスター制度を導入しているので工事も確かです。

  1. マシュマロ断熱の家、通常タイプはこちら
  2. マシュマロ断熱の家、高性能タイプはこちら
  3. マシュマロ断熱の家、防蟻タイプはこちら